2017年01月29日

バスターマシン3号VSガンド・ロワVS最強艦隊戦デッキVS魔術師の艦隊〜SHIPS要塞決戦テストプレイ2連戦(前篇)

こんにちは。
まずは「ゲームマーケット2017神戸」参加が確定しました!まあ参加するだけで大赤字なのですが、西日本の方々に直接頒布できる唯一の機会なので今後も参加していきます。
今回ゲムマ神戸向けの新作として「自由惑星同盟軍デッキ」「バッフクランデッキ」「トップをねらえ!デッキ」の3つの要塞決戦対応追加キットを予定しています。そこでこの3デッキと冬コミにて頒布した「星界軍デッキ」の4陣営にてテストプレイ2連戦を実施したので久しぶりテストプレイリポートを書きます。

まず今回テストプレイを実施する4陣営デッキについて軽く説明しておきます。
「自由惑星同盟軍デッキ」…いわゆる「艦隊戦デッキ」です。ヤン・ウェンリーが艦隊を指揮すると艦隊としての能力が大幅UPします(回避カードレベル+1、命中レベル+1等)。今回の要塞決戦対応として、要塞として「イゼルローン要塞」が収録されます。要塞特殊兵器「トールハンマー」(縦1列11ダメージ)2枚と要塞に対し白兵戦を仕掛けると瞬時に要塞を除去できる「要塞奪取作戦」や指定された艦隊が全滅するまで他の艦船を目標にできない「囮艦隊」といった強力な戦術カードやヤン・ユリアン不在時に艦隊総司令官になれるメルカッツを収録予定です。

「バッフクランデッキ」…いわゆる「艦載機デッキ」です。SHIPS史上最も対艦攻撃力の高い艦載機デッキです。今回の要塞決戦対応として、要塞に「バイラル・ジン」、要塞特殊兵器として「ガンド・ロワ」「準光速ミサイル」2枚が収録されます。「ガンド・ロワ」は縦2列に10ダメージ、「バイラル・ジン」の配置されている場所に配置、発射には今回収録されるドバ・アシバを「バイラル・ジン」に配置する必要があります。尚、配置後発射する代わりに1ターン経過させる毎にダメージを+1できます(最大15ダメージまで)。また発射後2ターン経過後にもう一回発射可能(ターン経過によるダメージUPも可能)となります。

「トップをねらえ!デッキ」…艦載機であるガンバスターはパイロット2人を搭乗させることで対艦攻撃後も再利用可能となり、高い対艦攻撃力で敵艦を粉砕していくデッキです。今回の要塞決戦対応で要塞に「ヱルトリウム」、要塞特殊兵器として「バスターマシン3号」を収録しています。「バスターマシン3号」は別名「ブラックホール爆弾」といい、前進エリアに移動後2ターン経過すると敵艦隊の内前列に配置されている艦船全てを除去するという非常に強力なカードです。非常に高い耐久力が設定されていて直接攻撃して耐久力ゼロにする必要があります。但し耐久力の80%以上のダメージを与えると「機能停止」します。この時ガンバスターほ手札から除去すると「再起動」します。

「星界軍デッキ」…いわゆる「艦隊戦デッキ」です。但し銀河帝国・自由惑星同盟等は主砲カードメインの攻撃なのに対しミサイルカードメインの艦隊戦デッキです。「最強の艦隊戦デッキ」の異名を持ちます。また艦載機を一切持たず、その代わりに対空カードをメインに使って艦載機を迎撃します。複数枚の艦船カードが必要な攻撃カードが多く、ゲームの序盤戦はその効果をフルに発揮できるため極めて高い攻撃力を誇ります。但し艦船カード枚数が減る終盤戦になると複数枚の艦船カードが必要な攻撃カードが十分使用できなくなり、攻撃力は大幅に低下します。要塞決戦対応で要塞として「アプティック門軌道要塞」を収録していますが、要塞としての攻撃力はほとんどなく、追加アクションカードも従来通りの複数枚の艦船カードが必要な攻撃カードを中心に追加しただけです。

<1戦目>
バッフクラン(シルフェ氏)・トップ(itako2氏)・星界軍(たあら氏)・自由惑星同盟(平景虎)にて対戦。
DSC_0212.JPG
 まずは星界軍がその高い攻撃力をみせつけます。バッフクランのガドモア・ザン級戦艦にミサイル(機動時空爆雷)(5枚)の飽和攻撃を仕掛けます。バッフクランも対空カードで迎撃しますが、圧倒的な攻撃力の前にあっという間に轟沈します。報復とばかりにバッフクランも艦載機による飽和攻撃(4枚)を仕掛けます。しかしそこに「SHIPSシリーズのイージス艦」こと「ヘージュ級護衛艦」が立ちはだかります。ヘージュ級護衛艦は自艦以外の艦船への艦載機・ミサイルに対し迎撃可能で対空カード1枚を2枚分として使えるという能力を持ちます。例えば対空Bのカードを対空カードB×2枚か対空カードA1枚として使用可能なわけです。
 ヘージュ級護衛艦により的確に対空カードを使用してバッフクランの艦載機群を全滅させてしまいます。更に次の星界軍の攻撃も苛烈を極め、スポール提督指揮下の蹂躙攻撃で今度は戦艦ドロワ・ザンが轟沈します。「序盤戦の星界軍」の圧倒的な破壊力を見せつけられ、各陣営は対星界軍の包囲網を敷きます。しかし星界軍の攻撃の要である「ソーフ級戦列艦」と守備の要である「ヘージュ級護衛艦」への攻撃は悉く失敗します。星界軍デッキでプレイした方ならご存知かと思いますが、星界軍は艦載機カードがない為、アクションカードの大半は攻撃カード(赤いカード)と防御カード(青いカード)の2種類のカードで占められています。つまり攻撃カードを使いきるとその分カード補充されるのですが、赤いカード→青いカードとカード構成が変わることが多く、星界軍の攻撃直後に攻撃すると防御カードで返され、更にカード補充で赤一色になるというループにはまってしまう事がよくあります。この時がまさにこのケースでまさに「パターン入った!」状態になってしまったのです。このままの状態で推移すると星界軍のアクションカードはあっという間に消費され、そのまま星界軍の逃げ切り勝利になるケースが多いです。
 流れが変わったのは同盟軍の攻撃から。同盟軍は序盤からバッフクランとトップに備えてポプラン、コーネフの両エースとスパルタニアンを保持していたのですが、星界軍の優勢が明らかになるとヘージュ級護衛艦に対し「スパルタニアン(+2追加打撃)」による攻撃を複数回仕掛けますが、ヘージュ級の対空砲火は湯済む間もなく機能し続けます。本来ならトールハンマーにて粉砕すべき所ですが(星界軍には特殊兵器に対する防御カードがない)、序盤〜中盤にトールハンマーは来ない展開となり、手詰まり状態に陥ります。しかしここで遂にポプラン&コーネフによる護衛艦への対艦攻撃を敢行します。ヘージュ級の対空砲火によりコーネフ機は撃墜されますが、ホプランの攻撃は命中し、+2追加打撃カードを使用して遂にヘージュ級護衛艦を撃沈します。
 守備の要を失った星界軍は総崩れとなり、次々と艦船を沈められていきます。終盤戦になると遂にトップ陣営が動き出します。バスターマシン3号が稼働したのです!しかし時すでに遅し。バスターマシン3号の爆発には2ターンかかるのですが、序盤に星界軍が大量のアクションカードを消費した為、残り1ターンの所で星界軍のカードが尽き、そのままゲーム終了となりました。バッフクランも山札が半分位残っており、ガンド・ロワも起動しませんでした。ちなみにゲームの勝敗は終盤戦でトールハンマーを連射してVPを荒稼ぎした自由惑星同盟の大逆転勝ちとなりました。中盤あたりまで事故り気味のトップを除いて20VP差位の大接戦だったんですけどね。
 1戦目は「いつもの星界軍のパターン」にはまってしまい、各陣営の追加カードの効果は十分に発揮できずに終わったので、昼食を挟んで2戦目を実施することとなりました(後篇へ続く)



posted by 平景虎 at 14:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SHIPSテストプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

2016年総括と今年の予定

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

まずは昨年の総括といきましょうか。
昨年はグループ乾坤一擲的には色々厳しい一年でした。レギュラーメンバーの何人かが戦線離脱を余儀なくされ、テストプレイ及びイベント参加に色々支障が出てしまいました。また昨年は業務的に多忙の時期がイベント参加直前に重なった為、生産体制を維持できませんでした。何よりSHIPSシリーズ以外の新作が
<ゲムマ神戸>A課長の挑戦R(リターンズ)
<ゲムマ春>MODERN NAVAL WAR イージーすっ!2020拡張セット2
のわずか2つに留まってしまいました。しかも両方とも「完全新作」ではないですし…。
あと私以外のメンバーの新作もゼロという状況となり、ラインナップの「多様性」がウリのはずが昨年はSHIPSシリーズ1本に集約された形になってしまいました。
色々と厳しい1年だったのですが、SHIPSシリーズは好調でした。春に「地球防衛軍完結編verデッキ」を出した後、夏コミ〜冬コミの間に拡張セット「要塞決戦」と要塞決戦対応追加キットを9個投入しました。要塞決戦及び追加キットもリピーター好調で、新規の方のスターターセット購入数も昨年を大きく上回りました。今年もこの好調ぶりを維持していきたいですね。

次に今年のイベント参加予定と今年の新作予定をまとめていきます。
今時点の参加予定としては
3/12「ゲームマーケット2017神戸」(現在参加手続き中。ほぼ参加確定)
5/14「ゲームマーケット2017春」(まもなく参加手続き開始)
11月?「ゲームマーケット2017秋」
12月29または30日「冬コミC93」
が決まっています。来年の夏コミに関してですが、電源不要が8/11の平日開催の日となった為、参加するかどうか現在検討中です。サークル参加するだけなら可能でしょうが、平日だと客は来ませんからねぇ。それから昨年開催された「東京ボードゲームコレクション」が第2回として10/1開催予定と聞いています。こちらも開催決定された場合参加するかどうか検討中です。昨年は中古メインで行きましたが、参加する場合今年は新作メインで行くことになるでしょう。

最後に今年の新作予定ですが、まずSHIPSシリーズですが、陣営デッキの要塞決戦対応をゲムマ秋までには完了させ、新規の陣営デッキをゲムマ秋には投入していきたいです。
ゲムマ神戸:自由惑星同盟・トップ・バッフクラン
ゲムマ春:デラーズフリート・0083連邦・ティターンズ・アクシズ・エゥーゴ
夏コミ〜ゲムマ秋:マクロスF・TVナデシコ・映画ナデシコ
が目標です。ガンダム系デッキをゲムマ春までに全部投入は厳しいので一部延期になるかとは思います。新規陣営デッキについては後日報告していきます。

SHIPSシリーズ以外についてですが、今の所

A課長の挑戦R(リターンズ)拡張セット
MODERN NAVAL WAR イージーすっ!2020拡張セット3
バトルオブフリテンカードゲーム(リメイク)
欧州海軍戦記シリーズ第1弾

の4つが候補となっています。上2つは詳細はほぼ決まっていて、あとは制作開始を待つのみですが、下2つは詳細はまだ決まっていません。今年もSHIPSシリーズの展開メインになる事はほぼ確定しているので他のタイトルに関しては頒布決定直前の発表とさせていただきます。

とりあえず今回はこの辺で。
追記
8/11は山の日でした。まだできたばかりの祝日なので完全に失念していました。申込書セットは入手しているのでおそらく参加の方向で。


posted by 平景虎 at 12:13| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。