2006年10月31日

連載企画〜SHIPシリーズ今後の予定 銀河英雄伝説編

 さて連載企画第2回は「銀河英雄伝説」である。銀英伝もヤマト・ガンダムに次ぐ人気のあるタイトルである。既に「銀河帝国デッキ」「自由惑星同盟デッキ」の2つを発表しているが、これらは第2期後半〜第3期までの両軍を扱った物でしかなく、第1期〜第2期前半、そして第4期を扱ったセットが今後の計画としてリストアップされている・・。

1.「リップシュタット連合軍デッキ」・・第一期の後半に登場する貴族連合軍をテーマとしたデッキである。原作ではあっけなく瓦解した貴族連合軍ではあるが、SHIPSではどうなるか?やはり噛ませ犬で終わるのか?

2.「自由惑星同盟〜帝国領侵攻作戦Verデッキ」・・自由惑星同盟が歴史上最大版図となった「帝国領侵攻作戦」時を再現したデッキである。原作では帝国軍の焦土作戦の前に敗れ去った同盟軍だが、SHIPS上でどう再現されるのか?まあ補給に厳しい重いデッキになるのは間違いないだろうが・・。

3.銀河帝国拡張キット・・第一期でのローエングラム元帥府軍を再現する為の拡張キット。銀河帝国デッキに追加キャラ・追加個人旗艦等を収録した物にする予定。

4.自由惑星同盟拡張キット・・第13艦隊の追加キャラや、アスターテ会戦時の第2・4・6艦隊旗艦等々同盟軍の未収録分を数多く収録していく予定。

5.ロイエンタール軍デッキ・・第4期にて反旗を翻すロイエンタール軍を収録予定。人材不足は気になるが、戦力は侮りがたい存在。
posted by 平景虎 at 01:17| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | SHIPSシリーズ関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらも楽しみです。
自由惑星同盟派(ヤン派とも言いますが)としては「自由惑星同盟〜帝国領侵攻作戦Verデッキ」を最初にリリースして欲しいです。
これで原作の屈辱を晴らせる。(かもしれない....)
後は、4、3、5、1の順ですかね?
しかし「リップシュタット連合軍デッキ」何か良い所があるのか?やはり物量デッキになるのか?
#需要が無さそうなデッキになりそうな気が...(^^;)

さて一つ提案です。銀英伝を再現するなら、無能な貴族、お馬鹿な参謀、自己中な議長、は必須だと思いますが....
これらを再現するのに、ペナルティカードを入れるのはどうでしょうか?
ゲーム中に取り入れるとするなら
・自軍デッキに入れて引いたら即OPENでペナルティを課せられるとか?
・相手デッキに入れて相手から出さすとか?
ただペナルティだけだと問題なので、救済措置としてはデッキの最大枚数を増やせるとから、資金や資源に優遇措置をするとかですかね?
Posted by ds at 2006年11月02日 15:35
コメントありがとうございます。現在の自由惑星同盟デッキは、ヤンの魔術師ぶりを堪能してもらうために崩壊寸前の同盟軍を再現していますから、同盟ファンなら「帝国領侵攻作戦Ver」への期待は大きいとは思います。
 さてご提案のペナルティカードについてですが、こちらでも検討しております。ただ元々制約の多いSHIPSシリーズなので、ペナルティカードは「象徴的」な物としてペナルティの効果自体は弱めに設定しようかと考えています。補給線の確保に問題があった「帝国領侵攻作戦」だったので拠点カードの代わりに使えない政治家や使えない元帥閣下、ヒステリー持ちの作戦立案参謀等が意味なく収録されるだけで十分「ペナルティ」になるかと思いますが・・(^^; ちなみに現在の同盟デッキは艦船シートの代わりに無駄にキャラクターをわざと入れています・・。
 リップシュタット連合軍は「滅びの美学」を味わってもらうデッキになると思います(汗)。艦隊士気は常に「−2」スタートとする予定です。本拠地に加えガイエスブルグ要塞にも「艦隊士気+1」効果をつけ、どちらかに篭れば艦隊士気の低下は何とか避けられるようにします。ただ勝ちにいくには攻め込むしかなく、その場合は盟主(国家元首扱い)のブラウンシュバイク公自ら出陣しないと士気は上がらず、もちろんブラウンシュバイク公が死ねば即ゲームオーバー・・という感じのデッキを構想しています。
Posted by 平景虎 at 2006年11月03日 00:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック