2016年05月30日

SHIPS & TACTICS〜艦隊決戦 補足説明と今後の予定

こんばんは。

先日「SHIPS & TACTICS〜艦隊決戦」の紹介記事を投稿しましたが、今回はその補足記事とSHIPSシリーズの今後の展開についてお知らせします。

とその前にティターンズデッキにバグとルール改訂、映画版ナデシコにプロフィール記入漏れがありました。
<ティターンズデッキ>
09-R「サイコガンダムMK2」…「ニュータイプ以外搭乗できない」の記述が抜けていました。
26-R「パプティマス・シロッコ」…特殊能力「貴様の心も一緒に連れて行く」の対象は対戦した艦載機Pカードの内1枚のみです。

サイコガンダムMK2の方は完全な記述漏れです。バウンドドッグは…このままNT縛りなくていいですよね?
シロッコの特殊能力は、ガンバスター等複数人搭乗している機体に対応しました。尚、複数人が1枚で描かれているキャラ(モンシア&ベイト&アデル等)はこの能力で全員除去になります。

<映画版ナデシコデッキ>
艦船-09-C、艦船-10-C「統合軍駆逐艦」
プロフィール(所属・艦型・就役年)が記入されていませんでした。ゲームプレイには支障ありません。

これらの内容はエラッタ一覧にも記載しています。
http://kenconnitteki.web.fc2.com/ships-errata.html

それから5/29現在アキバのボークスB1F「R-1166」に置いている「SHIPS & TACTICS〜艦隊決戦スターターセット」と「MODERN NAVAL WARイージーっす!2020」の全セットなくなっています。来週中にはケースに補充しておきます。尚「MODERN NAVAL WARイージーっす!2020」についてはアキバのレンタルボックスザウルスD-60にも置いていますのでこちらもご利用ください。

前フリが長くなりましたが本題です。

<カードについて>
カードはトレカサイズ(63×88mm)で制作しているので、市販のトレカ用カードスリーブが使用できます。カードの折れや汚れ等も防止できます。

各カードは自前でレーザープリンタで印字した物を名刺裁断機で裁断しています。カードの印字位置ズレやカード印字時の色ムラ・かすれ等が発生している場合がありますがご了承ください。過去通販のみでのやり取りをしていた時、市販品同様のクォリティがあるとの誤解をされた事があったので予め市販品レベルのクォリティはない事はご承知おきください。まあその分価格的には安価になるよう制作してはいます。

<ゲームについて>
2〜4人用になっていますが、それぞれプレイ感は異なります。

2人プレイの場合、短時間で終わりますがデッキ間の相性が出やすくカードの引き運に強く勝敗が左右されます。

4人プレイの場合、派手な展開になりますが序盤に叩かれてゲームから脱落しかかる(勝ちから遠ざかる)プレイヤーがでやすくなります。またプレイ時間がかかり1人あたりの待ち時間が長くなる傾向です。元ネタがわかる人同士なら一番盛り上がるとは思いますが…。

3人プレイの場合がゲーム展開・プレイ時間等、一番バランスが取れているかと思います。

プレイ感覚・プレイ時間に関しては、60分前後でプレイ終了となる一般のボドゲを主にプレイするプレイヤーに対し、数時間はかかるSLGを主にプレイするプレイヤーとではかなり印象は変わるかと思います。過去ゲームマーケットで体験プレイを実施した所「ルールが複雑」「プレイ時間がかかりすぎる」との声をよく聞きました。SHIPSシリーズの元となったMODERN NAVAL WARシリーズは元々現代海戦SLGとしてデザインしていた物をカードゲーム化することで色々整理して制作したという経緯があります。ゲームの収束性が悪いわけではありませんが、ゲームコンセプトとして「起」「承」「転」「結」というストーリー性を重視している為、どうしてもプレイ時間は長目になってしまいました。また可能な限りキャラや艦船の特殊能力を入れているのもその傾向が強くなっていると思います。最近のゲームデザインの傾向は「可能な限り不要な部分をそぎ落とす」という傾向が主流なので、ある意味真逆を行っているかもしれません。

<SHIPSシリーズ今後の展開>
 さて、SHIPSシリーズの今後の展開ですが、まず追加モジュール「要塞決戦」を随時推進していこうかと考えています。今まで登場した陣営は実は「要塞戦力ありき」の陣営がかなりあります。特にヤマトのガミラスを除く敵陣営は全てそうですし、銀英伝とかもそうです。というわけで「艦隊決戦」のルールはそのままで艦隊の後方に「要塞」が出現します。「要塞」によっては「トールハンマー」「ブラックホール砲」「コロニーレーザー」等の「要塞特殊兵器」や「準光速ミサイル」「ソーラーシステム」「惑星破壊ミサイル」等の「要塞攻略兵器」等も登場させる予定です。また「機動要塞」なら直接要塞に要塞をぶつけたりもできます。
 まだ技術的な問題もいくつかありますが、今後テストプレイを重ねてこれらの問題を解消していきます。まずは夏コミにてスターターセット用の「要塞決戦スターターセット」の頒布を予定しています。
 要塞決戦以外の新規陣営に関しては夏コミに「ゼントラーディー軍デッキ」を予定しています。艦載機戦・艦隊戦ともに優秀な攻撃型デッキとして予定しています。その後ですが…冬コミとゲームマーケット2016秋が完全に日程的にかぶってしまったのでどうするか調整しますが、冬コミ目標に「銀河英雄群雄伝ライ」より「新五丈国デッキ」を投入します。「ライ」の世界は完全に砲撃戦と白兵戦の世界なので対艦載機戦はどうする?等の問題はありますが…リクエストをいただいたので何とか出したいと思っています。90年代アイテムとしては是非出しておきたいので。その後は既存デッキの「要塞決戦」化を進めつつ、現代(10年代)のネタも積極的に入れていきたいですね。40〜50代のオッサン相手だけでは厳しいですから(笑)。そのあたりも踏まえて宇宙戦だけでなく地上戦のネタもラインナップに入れたいですね。まだネタ切れはしていませんが、シリーズが半永久的に続けるためには必須ですから(笑)。昔のでいえば「ザブングル」や「ダンバイン」等は80年代アイテムとしてあれば結構インパクトありそうですし、最近のだと「蒼き鋼のアルペジオ」なんかは特殊兵器マシマシでいけそうです。まあぶっちゃけ宇宙戦闘なのに「空戦」とか「制空権」とか用語で使ってますし、異世界同士の戦いなので宇宙も地上もあまり関係ないんですよね…私の頭の中では。まあしばらくは宇宙戦闘メインでいきますが特に反対がなければ「地上戦陣営」も随時投入していこうかと考えています。多くの人に賛同してもらえるようなら早い時期に登場させるかもしれません。
長くなりましたが今回はこの辺で。
posted by 平景虎 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SHIPSシリーズ関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック